21歳サラリーマンの金融資産を大公開! ≫クリックして読みにいく

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!【給与受取口座は〇〇】

そら
21歳会社員。
社会人1年目から複業+投資を始める。本業はIT系のポンコツ営業サポート職。
当サイトでは、副業、サイドFIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

・銀行口座ってどう使い分ければいいの?
・なんとな〜くメガバンクにしてるけどこれで良いのかな
・おトクな銀行口座の使い分けを教えて欲しい!


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・メガバンクとネットバンクを比較してみた

・ズバリ社会人のおトクな銀行口座の使い分けはコレ!


結論からいうと、僕がメインで使っている銀行口座は、

①楽天銀行(給与受け取り口座、メイン口座)
②住信SBIネット銀行(サブ口座)
③あおぞら銀行BANK支店(貯蓄用口座)


この3つです。

悩むうさぎ

え、1つじゃあかんの!?


結論、1つだと、貯蓄、普段使いなどがごっちゃになってしまって支出の管理がやりにくいんですよね。

そら

支出管理をしっかり行いたいのなら、複数の口座は必須です。



今回は、そんな内容を含め、メガバンクとネット銀行の比較、社会人のおトクな銀行口座の分けについてご紹介します!

クリックで飛べる目次

メガバンクとネットバンクを比較してみた

さっそくですが、なんとな〜くメガバンクを使っている人って多いですよね。


こだわりがあって使っているならそれで良いですが、なんとなく使っているなら見直しが必要です。

そら

メガバンクはネットバンクと比べるとあまりメリットがないんですよね


メガバンクというのはいわゆる、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行のことですね。


ネットバンクとメガバンクを比較してみたのでこちらをご覧ください。

比較項目ネット銀行メガバンク
振込手数料ランクに応じて無料有料
金利0.1〜0.2%0.001
信頼度低い高い
口座開設ネットだけで完結郵送が必要
窓口での対応なしあり
入出金手数料ランクに応じて無料時間に応じて無料

こんな感じですね。


ぼくが思うネットバンクのメリットは、金利が高いのとランクに応じて振込手数料や入出金手数料が無料になるところです。


もちろん、ネットバンクには窓口はなくて、メガバンクには窓口があるので、一概にこっちのがいい!というのはいえません。

そら

窓口の対応がないと不安という方はメガバンクがいいですね


また、ネットバンクは、ランクに応じて手数料が無料になるので、月に何十回も入出金をおこなう方でなければ、オススメです。


ネットバンクとメガバンクの違いがわかったところで、次にぼくが愛用している口座の使い分けについご紹介しますね。




ズバリ社会人のおトクな銀行口座の使い分けはコレ!

冒頭にも書きましたが、ぼくの口座の使い分けは、

①楽天銀行(給与受け取り口座、メイン口座)
②住信SBIネット銀行(サブ口座)
③あおぞら銀行BANK支店(貯蓄用口座)


こんな感じです。


理由を解説していきますね。

楽天銀行を給与受け取り口座にする理由

楽天銀行は給与受け取り口座に設定すると、振込手数料が3回無料になります。

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!【給与受取口座は〇〇】

また、給与受け取り口座に設定することで、毎月ポイントがもらえます。

そら

給与受け取り口座にするだけで毎月ポイントがもらえるのは嬉しいですよね。


詳しくは、楽天銀行の公式ホームページをご覧ください。


また、楽天銀行は使っているだけでポイントが貯まる優秀な銀行です。

・口座振替や他の楽天銀行口座(法人)からの振込などで計105P獲得
・楽天証券で投資信託の残高10万円につき4Pもらえる
・楽天カードの引き落とし先にすると毎月最大9Pと、SPU+1倍になる


こんな感じで、普段使いしているだけでポイントが貯まります。

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!【給与受取口座は〇〇】
そら

使っているだけでポイントが貯まるなんて、メガバンクではありえないですよね。


また、各種手数料もハッピープログラムというランク制度に応じて無料になるのもありがたいですね。

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!【給与受取口座は〇〇】

詳しいハッピープログラムの内容は、楽天銀行のホームページをご覧ください。

サブ口座を住信SBIネット銀行にする理由

住信SBIネット銀行は、入出金手数料、振込手数料の多さが最大のメリットです。

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の分け!【給与受取口座は〇〇】

ランクに応じて最大20回まで無料になります。

ランク3、4になる条件は少しめんどうですが、ランク2なら誰でもなることが可能です。


ランク2はスマート認証NEOといういわゆるセキュリティ設定をすることが条件なので、設定さえすればすぐにランク2になることができます。

そら

月5回も無料回数があれば十分という方にはかなりオススメです!


ぼくの住信SBIネット銀行の使い方は、

・普段使い
・副業収入の振込先
・ポイ活収入の振込先 など


こんな感じです。


また、住信SBIネット銀行は、スマホのみで取引を行うことができるので、ぼくはキャッシュカードを持ち歩いていません。

そら

これがミニマリストにとってはかなりありがたいです(笑)


貯蓄用口座をあおぞら銀行BANK支店にする理由

結論からいうと、あおぞら銀行BANK支店は、金利が0.2%とめちゃくちゃ高いからです。


たかが0.2%?と思うかもですが、メガバンクは0.001%とかです。どうせお金を置いておくなら金利が高いところの方がいいですよね。

そら

1円でもおトクに生活したいぼくからすると、貯蓄用口座はあおぞら銀行BANK支店一択です!(笑)


また、あおぞら銀行BANK支店は、無料回数が少ないので貯蓄用口座に向いています。


そして、楽天銀行からの、「毎月おまかせ振込予約」ができるので、あおぞら銀行BANK支店への先取り貯蓄を自動化することが可能です。

悩むうさぎ

楽天銀行を給与受け取り口座にすると3回無料になるから手数料もかからないってことか。


その通り!ネット銀行しか勝たんのですよね。

ぼくの使い分け方法をまとめてご紹介

最後にまとめると、

・給与受け取りはメイン口座である楽天銀行への振込を指定、楽天カードの引き落としも楽天銀行を紐つけ
・あおぞら銀行BANK支店を貯蓄用口座に、普段使いのサブには手数料の無料回数が多い住信SBIネット銀行利用


といった感じですね。


こうすることによって、おトクに貯蓄やポイントの獲得を行うことが可能です。

そら

このやり方、ホントにオススメですな^^


ネットバンクを使うことによって、

・手数料を払わなくていい
・金利が高い、ポイントがもらえる
・スマホのみで入手金や振込ができる など


多くのメリットがあります。


これは個人的な意見ですが、無料回数が少なくて困ったことはないので、メガバンクのATM手数料の優遇にこだわっている人も安心してください。

おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!:まとめ

使い分け方法まとめ

①楽天銀行(給与受け取り口座、メイン口座)

②住信SBIネット銀行(サブ口座)

③あおぞら銀行BANK支店(貯蓄用口座)


社会人の方でしたら、毎月給与を受け取るわけですから、めんどうな作業をなくし、少しでもおトクに使っていきたいですよね。

そら

このやり方を実践すると、貯金ができない人もいやでも貯金ができるようになります(笑)


自分に合うな〜と思ったらぜひやってみてくださいね!


質問などあればTwitterをやっていますので、リプでもDMでも送っていただけたらお返事させていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました^^

トップへ戻る▲


関連記事 FIREを目指すとなぜ批判される?FIREのメリット・デメリットも解説
人気記事 楽天市場でお買い物するなら、ちょびリッチを経由しないと損ですっ!

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる