【神テーマ】SWELLを6ヶ月使ったリアルな本音クリックして読みにいく

ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由【初心者OK】

ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由
そら
節約×副業×投資にはげむ20歳。
両学長に出会い人生変わる / 元浪費家→ミニマリストへ / 副業収入5桁 / 特化ブログはSEOのみで1.3万pv⤴︎ / インデックス×高配当株で"FIRE"を目指す長期投資家。
当サイトでは、副業、資産運用、お得情報などについて発信していきます^^
悩むうさぎ

ブログを書いても書いても稼げない。。。
毎日更新しても収益はアドセンスの10円くらいで挫折しそう。


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由

・【簡単】Webライターのはじめ方

・Webライターで稼ぐ上での4つの注意点


ブログで稼ぐのってむずかしいですよね。


毎日毎日書いても収益は10円。アフィリエイトは発生しない。僕もそんな経験ばかりです。


そんなあなたに朗報です。Webライターなら初心者でも月3万〜5万円、簡単に稼ぐことができます。

そら

僕もブログ収入300円くらいの時にWebライターで稼げました。


そこで今回は、ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由をご紹介します。


Webライターの始め方、稼ぐ上での注意点も合わせて解説するので、ぜひ参考にどうそ。

クリックで飛べる目次

ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由

Webライターをやるべき理由

・即金性がある

・ライティング力が上がる

・ブログがポートフォリオになる


詳しく解説しますね。

即金性がある

1つ目の理由は「即金性がある」ということ。


Webライターはブログと違って書いたらすぐに文字がお金になります。


ブログはいくら執筆してもすぐにはお金になりませんし、時間が経っても必ず収益が発生するかどうかはわかりません。

そら

自分が書いた文字がお金に変わることを想像してみてください。


自分が書いた文字がお金に変わるのはとてもいい経験になりますし、なによりブログを続ける心の安定剤となります。

ライティング力が上がる

2つ目の理由は「ライティング力が上がる」ということ。


ブログを書いていても、自分の文章を読んでもらい感想をもらうことはなかなかできません。


しかし、Webライターなら納品時に修正などをお願いされることがあり、自分の文章を評価してもらえるきっかけとなります。


ブログ運営だけでは見ることのできない自分の文章の修正点がわかり、ライティング力が上がります。

そら

その案件がアフィリエイトの記事なら裏側を見ることもできて一石二鳥ですね。


ブログがポートフォリオになる

3つ目の理由は「ブログがポートフォリオになる」ということ。


ライター案件を受注するときに、自分が今まで書いてきたブログがそのままポートフォリオになります。

悩むうさぎ

稼げてないブログでも実績になるの?

そら

僕は収益300円くらいのときにブログをポートフォリオにしたけど十分実績になったよ!


大事なのはポートフォリオがあるかないか、つまりブログ運営の経験やライティングの経験があるかないかです。


Webライターに応募する人は「ブログ書いたことない、ライティングってなに?」という人が多いです。


その中であなたがブログのポートフォリオを持っていたら十分な実績になりますよね。

そら

Webライターとして稼げたら逆にそれが実績にもなります。

①:ブログをポートフォリオにWebライターとして稼ぐ
②:Webライターとして稼いだ実績をブログ記事にする
③:実績がたまり信頼が積みあがる


ブロガーがWebライターをやる理由はこれだけでも大いにありますね。

【簡単】Webライターのはじめ方

Webライターのはじめ方

・クラウドソーシングに登録

・クラウドソーシングで仕事受注


すでにブログを書いている人ならたったこれだけでスタートできます。


詳しく解説しますね。

クラウドソーシングに登録

ライター案件を受注するためにクラウドソーシングに登録します。


僕は複数のサイトを試しましたが、「クラウドワークス」が使いやすく治安もいいのでオススメです。


登録したらプロフィールや身分確認など、基本的な情報を入力しましょう。

クラウドソーシングで仕事受注

次に仕事を受注して完了です。


ライティング案件の項目から、合いそうな仕事を見つけて応募するだけでOK。

①:仕事を探す
②:ライティング・記事作成
③:記事・Webコンテンツ作成


この順番で案件を探していきます。

ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由

これで稼ぐ準備はカンペキ。

Webライターで稼ぐ上での4つの注意点

注意点

・低単価は受けない

・提案の無視がふつうと知る

・発注者の評価を確認する

・信頼を損ねることをしない


詳しく解説しますね。

低単価は受けない

1つ目の注意点は「低単価は受けない」ということ。


ネット記事を見ると「まずは文字単価0.1円とかの案件からこなしましょう」という記事をみますが、絶対にやめたほうがいいです。


実際、ブログで稼げていなかった僕の実績でも文字単価1円の案件を獲得できました。


なので、案件を探すときは文字単価1円以上でフィルターをかけるのがおすすめ。

そら

単価0.1円では月1万円を稼ぐのもハードモードです。


低単価を受けていたらブログで稼げなくてWebライターをやっている意味がなくなります。

提案の無視がふつうと知る

2つ目の注意点は「提案の無視がふつうと知る」ということ。


基本的には募集している案件に自分から声をかけに行きます。


ですが、10件提案したら半分くらいはふつうに無視されます。発注者も一般人で、大学生などもいるので。

そら

「提案したのに返信がこない」なんてのあたりまえ、めげずに提案を続けましょ!


たまに発注者からスカウトが来るときがあるので、逃さずにチェックしおきましょう。

発注者の評価を確認する

3つ目の注意点は「発注者の評価を確認する」ということ。


星評価が低かったり、返答率が低い方だと、仕事が雑だったりあなたに低評価をつけてくる人もいます。


悪質な場合だとLINE@に誘導したり、メルマガに誘導したりしてくる場合もあります。

そら

悪質な人はそこらじゅうにいるという認識を常にもって、養分にされないよう注意しましょう。


信頼を損ねることはしない

4つ目の注意点は「信頼を損ねることはしない」ということ。


当たり前ですが、信頼を損ねるような行為はNGです。


というのも、ライターにも星評価がつくからです。


返信をしなかったり、納期に間に合わなかったりすると低評価がつき、次から仕事がもらえなくなります。

そら

ライティングはお金が発生するれっきとしたビジネスなので、最低限のマナーは必須。


ブログで稼げなくてもWebライターで稼ぐのは簡単:まとめ

Webライターをやるべき理由

・即金性がある

・ライティング力が上がる

・ブログがポートフォリオになる


Webライターはブログと違って、やればやるほど誰でも稼げるビジネスです。


最低限のブログ知識と戦略さえできていれば、初心者の方でも3~5万円はわりと簡単に稼げます。


ぜひ騙されたと思ってWebライターに挑戦してみてください。


>>クラウドワークスに無料登録

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

ブログで稼げない人がWebライターをやるべき3つの理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる