楽天カードが絶対に欲しくなる9つの魅力 ≫

Googleアナリティクスで初心者がチェックすべき3つの項目【これだけ見ればOK】

初心者
初心者

Googleアナリティクスを導入したけど、どこを見れば良いかわかりません。

ボブ
ボブ

こんにちは!今回はそのような悩みを解決します。


とりあえずGoogleアナリティクス入れてみたけど、どこを見れば良いか分からない!


なんて方いますよね。


Googleアナリティクスには、たくさんの項目があります。


今回はその中でも「これだけ確認しておけばOK!」な3つの項目について解説します。

本記事の内容

Googleアナリティクスで初心者がチェックする3つの項目
Googleアナリティクスを有効的に活用しよう!:まとめ

クリックで飛べる目次

Googleアナリティクスで初心者がチェックする3つの項目

Googleアナリティクスで初心者が確認する3つの項目


初心者がGoogleアナリティクスを活用するにおいて、以下の項目をチェックすればOKです。

チェックすべき項目

・ホーム(全体のデータ確認)
・集客(どこからサイトに来たか)
・行動(どのページをどれだけ見たか)


ひとつずつ解説していきます。

Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目:ホーム


まず最初にチェックしたいのが【ホーム】画面です。


ここでは全体的な自分のアナリティクスが確認できます。


写真は見せてはいけないのでわざと隠していますが、本来は以下の4つ項目がありますね。

ホームの4つの項目

・ユーザー:訪問したユーザー数
・セッション:
ユーザーがページを見た回数
・直帰率:
1ページのセッション数を全てのセッション数で割った値
・セッション継続時間
:ユーザーがサイトにいた時間


このようなアナリティクスが確認できます。


ホームを見れば大体の自分のサイトのアナリティクスがわかるようになっています。

ユーザーとセッションの違い


ここがいまいち分からない方のために解説します。

ポイント

ユーザー:1人1人の訪問者数カウント
例<1人の方が50回訪れてもカウントは1>
セッション:トータルの訪問者数カウント
例<1人の方が50回訪れたらカウントは50>


こんな感じです。


ユーザー数が多いほどたくさんの方がサイトを見に来ていると言うことになります。

Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目:集客

Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目:集客


次に【集客】の項目です。


集客では、ユーザーがどのようにサイトに来たのかを確認できます。


例えば僕の集客は、以下の通りです。

Googleアナリティクスの円グラフ

用語の意味としては以下の通りです。

円グラフの用語解説

・Social:ツイッターなどのSNSから
・Direct:ブックマークなどの直接アクセスから
・Organic Search:GoogleやYahooなどの検索エンジンから



このようになってます。


僕の場合、ツイッターからのアクセスがほとんどなので、検索エンジンからの流入が課題です。


このように集客の項目では自分が今何に力を入れるべきかが分かります。


ツイッター‍‍‍の伸ばし方について記事にしたので参考にしてくださいね。



僕の1ヶ月目のブログのアナリティクスはこちらをご覧ください。


Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目:行動

Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目:行動


3つ目のチェックする項目は【行動】です。


行動では以下の項目が確認できます。

確認できること

・どの記事を見たか?
・どの記事からサイトを離脱したのか?
・どのくらいの時間、サイトを見たのか?
・ひとつだけでなく他の記事も見てくれたか?


上記の項目を確認できます。


この項目を確認することで、よく見られている記事はどんな記事なのか?


逆に、見られていない記事は何がダメなのか?


等を改善できるきっかけとなります。

直帰率は低いほうが良い


直帰率と言うのは、サイトに来たユーザーがすぐに帰ってしまう確率です。


と言うことはもちろん低いほうがいいですよね。


では具体的にどのように直帰率を下げるのか?


方法としては2つあります。

直帰率‍‍‍‍‍‍の下げ方

・記事の文字数を増やす
・記事に内部リンクを貼る


主にこの2つです。


文字数としての目安はこちら

・2000文字:1分半〜
・5000文字:2分〜
・10000文字:2分半〜


大体の目安です。
僕の場合だと平均2000文字で2分となっているので一眼には言えません。

初心者
初心者

そんなに多く書くのは無理です。


僕もその1人です。


そんな方は、内部リンクを上手く貼りましょう。


内部リンクというのは、次の記事への誘導です。
例えば僕の記事の例がこちら⤵︎

内部リンクの説明

内部リンクを上手く置いて他の記事も見てもらえれば、直帰率は低くなります。


是非上手く活用しましょう。

Googleアナリティクスを有効的に活用しよう!:まとめ


今回は、Googleアナリティクスで初心者がチェックする項目について書きました。


Googleアナリティクスは無料で使えて、機能も充実しています。


上手く使えば自分のブログを伸ばすことができるツールなので絶対に使いましょう!


\Googleアドセンスで悩んでる方に読んで欲しい/

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックで飛べる目次
閉じる