楽天経済圏の活用方法を知りたい方は必読 ≫クリックして読みにいく

【使わないと大損】Kyash Cardの特徴とメリットを分かりやすく解説!

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

・クレジットカードをもっとお得に使いたい
・話題のKyash Cardって実際どうなの?
・Kyash Cardのメリット発行方法を知りたい!

ボブのアイコン画像ボブ

こんにちはボブです!今回はそんな悩みを解決します!


KyashCardは普段使っているクレジットカードを登録して使うだけで、クレジットカードの還元分とは別に1%のポイントが貯まります。


使い方も簡単で、支払い時にクレジットカードの代わりにKyashCardを使うだけ。

ボブのアイコン画像ボブ

手間が一切かからないのにポイントがプラスで1%もらえる最強のカードです!


この記事では、KyashCardをよくわかっていない人、作るか悩んでいる人の為に、KyashCardのメリットと発行方法を解説していきますね。

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) – アプリと連動するVisaカード
posted withアプリーチ


クリックで飛べる目次

Kyashとは?どういう仕組みなの?

Kyashとは?どういう仕組みなの?


KyashCardのメリットを解説する前に、Kyashとはなにかを簡単に説明しておきますね。

ボブのアイコン画像ボブ

kyashとは、クレジットカードやデビットカードを登録して使うVISAのプリペイドカードです


イメージとしては以下のようになります。


うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

そういうことか、普通にクレジットカードで支払うよりお得だね〜

ボブのアイコン画像ボブ

そう!クレジットカードをKyashに変えるだけなので手間もゼロ

新しくなったKyashCardのメリット

新しくなったKyashCardのメリット


最初にも言ったように、KyashCardは普段キャッシュレス決済をしている人には必須カードです。

ボブのアイコン画像ボブ

「悩む必要なんてない、1秒でも早く作って….」と言いたいところですが、もう少し詳しく解説します!


KyashCardのポイント還元率は1%

KyashCardのポイント還元率は1%です。


しかも、登録したクレジットカードにも従来のポイント還元されるのが最大の特徴です。

ボブのアイコン画像ボブ

普段使っているクレジットカードの還元ポイントとは別に、KyashCardの利用分ポイントが獲得できます


例えばKyashCardに楽天カードを登録し、1万円の買い物をした場合の例で説明すると…..

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

クレジットカードで支払うよりもKyashCardのポイントも獲得できる分、お得だね〜


しかも、やる事といえば普段使っているクレジットカードの代わりにKyashCardを使うだけ。


なんの手間もかけずにポイントがプラス1%もらえるのって控えめに言って最高ですよね….


あなたの普段使っているクレジットカードをKyashCardに替えれば簡単にポイント還元率を上げられます。

Kyashポイントはそのまま支払いに使える!

貯まったKyashのポイントは次の支払い時に使うことができます。

ボブのアイコン画像ボブ

やり方は超簡単!

kyash残高に交換するのはkyashアプリから一瞬で完了します。


やり方は以下の通り。


アプリを開いて「ポイント」の部分をクリックし、好きな金額を入力して完了です。

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

おお〜簡単だね〜

KyashCardはICチップ導入、タッチ決済対応

KyashCardはICチップ導入、タッチ決済対応

従来のkyashはICチップなどに対応しておらず、暗証番号が必要なカードリーダーなどには使えませんでした。

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

カードをスライドさせて読み込むやつだけだったね〜


新しくなったKyashCardに搭載されたICチップやタッチ決済対応により、VISAカードが使える店舗だったらKyashCardでの支払いが可能になります。

ボブのアイコン画像ボブ

使える店もどんどん増えていて嬉しい限り!


KyashCardなら海外でも使える

今までkyashバーチャルカードとリアルカードは海外での利用はオンライン決済のみでした。


KyashCardなら、海外のVISA加盟店なら普通に使うことができます。

ボブのアイコン画像ボブ

VISAは使える国・店舗が世界No.1のブランドです!

これで海外旅行でもkyashを使おうと思えば使えますね!

kyashを海外で使う場合は手数料が3%かかります

なので還元率が1%増えたとしても手数料負けするのでkyashを海外で使うメリットがありませんでした

海外ではプリペイドカードではなくクレジットカードのを使ったほうが良いですね。


KyashCardの上限は1200ポイント/月

ポイントの獲得上限は月に1200ポイントです。

ボブのアイコン画像ボブ

これを多いかどうか考えるのはあなた次第!

使用額に換算すると、12万円で獲得上限ポイントに達するので注意してくださいね。

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

1年で考えたら12,000ポイント….デカイゾ….


KyashCardはデザインがかっこいい!

KyashCardはデザインがかっこいい!
うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

ん??メリットなの??

ボブのアイコン画像ボブ

メリットです!!(笑)

KyashCardは表面のカード番号を無くし、余計な装飾をつけないシンプルなデザインです。


僕はシンプルなデザインが好きなのでKyashCardに一目ぼれでした。

ボブのアイコン画像ボブ

僕はネイビーを選択しました!


KyashCardにデメリットはあるの?

KyashCardにデメリットはあるの?

デメリットというデメリットは本当にありませんが、あえて上げるなら以下の通りです。

・KyashCardの発行には手数料がかかる
・KyashCardに登録できるクレジットカードはVISAかMasterCardのみ


詳しく解説します。

KyashCardの発行には手数料がかかる

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

え….年会費とか?


KyashCardの発行手数料がかかってくるのは発行する時の900円だけで年会費は無料です。


なので初回900円なら9万円以上使えば余裕で元が取れます。

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

ちなみにKyashCardを再発行する時ってどんな?

ボブのアイコン画像ボブ

KyashCardの有効期限5年が切れる時です!


KyashCardはあなたが普段使っているクレジットカードの代わりに使います。


メイン決済で使うので5年間で9万円以上は余裕で使うと思います。

ボブのアイコン画像ボブ

学生の僕でも月に3~6万円は使うので2ヶ月で元が取れます


ただし、先ほども言いましたが月の上限獲得ポイントが1,200ポイントなので、12万円以上は使ってもポイントが付きません。


お得に上手く使ってくださいね!

まとめると

発行手数料は900円

紛失して再発行した場合も900円がかかる

有効期限は5年なので再発行するなら5年に1度、900円がかかる

5年間で9万円以上クレジットカード決済をする人なら元が取れる

ただし、月のポイント対象金額は12万円(1,200ポイント)まで


KyashCardに登録できるクレジットカードはVISAかMasterCardのみ

KyashCardに登録できるクレジットカードはVISAかMasterCardのみ

これは旧kyashの時から同じですね。


KyashCardにクレジットカードを登録して使うのですが、登録できるのはVISAとMasterCardだけなので注意してください。

KyashCardのセキュリティ面

KyashCardのセキュリティ面

KyashCardのセキュリティ管理はアプリで行えるので簡単に設定できます。


セキュリティの設定方法は以下の通りです。


KyashCardの管理はKyashアプリでやるのですが、1回の決済限度額や毎月の決済限度額を設定できるんです。


また、Kyashの特徴として利用すればほぼリアルタイムで通知がきます。

ボブのアイコン画像ボブ

なので1回の決済限度額を1万~2万にしておけば、万が一不正に使われてもリスクは少ないですし、すぐに気付きます

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

高い買い物をする時だけ利用限度額を上げとけばいいんだ〜


カードを落としたり、不正に使われたとわかったらカードロックができるので、下手なクレジットカードよりも安全性は高いですよ。

どれがお得?3つのKyash Visa Cardの比較してみる

どれがお得?3つのKyash Visa Cardの比較してみる
うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

kyashってKyashCard以外にもあるけど、どれが一番いいの〜?

ボブのアイコン画像ボブ

基本的にはKyashCardがいいけど人によって違うので、特徴を比較しながら解説しますね


支払方法と利用制限の比較

支払方法と利用制限の比較


KyashCardと旧kyashの支払い方法の違いはICチップとVISAタッチですね。


今までは暗証番号を入力する必要があるカードリーダーだと使えなかったのですが、KyashCardなら利用できますよ!

ボブのアイコン画像ボブ

VISAタッチはサクッと支払えるのでありがたいですね


海外利用に関しては使えますがメリットがあまりないので、一応使えるくらいに思っておいてください。

決済限度額とポイント還元率の比較

決済限度額とポイント還元率の比較
うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

決済上限はKyashCardが一番多いね〜

ボブのアイコン画像ボブ

ポイント還元率もKyashCardは1%なので、あえて旧kyashを使う理由はないですね!


決済限度額も前に解説したようにアプリで上限設定ができるので、普段は1万~2万に設定しておいて高価な商品を購入するときだけ上限を上げることも可能です。


また、ポイント還元率が1%なのはKyashCardだけです。

発行手数料と年会費などの比較

KyashCardの発行手数料は900円かかります。

ボブのアイコン画像ボブ

これは、発行時のみ必要になります

うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

KyashCardLiteなら300円だからこっちのほうが安い

ボブのアイコン画像ボブ

そう考えてLiteにするのは素人です!!


KyashCardは有効期限5年が経つまで使えます。


KyashCardLiteは確かに発行手数料は300円かもしれませんが、ポイント還元率が違います。

ボブのアイコン画像ボブ

目安は5年間で12万円以上の支払いをするかしないかで判断しましょう


5年間で12万円以上使う人はKyashCard一択ですよ。

Kyash Cardのメリットを分かりやすく解説!:まとめ

Kyash Cardのメリットを分かりやすく解説!:まとめ

KyashCardは普段使っているクレジットカードの代わりに出すだけで、クレジットカードとは別にポイントが貯まる最強のカードです。


はっきり言ってメリットしかないのでやらない理由はありませんね。


まとめると….

まとめ

KyashCardのポイント還元率は1%

発行手数料は900円、発行時のみ

KyashCardの有効期限は5年間

5年間で12万円以上使う人はKyashCard一択


うさぎ先輩のアイコン画像うさぎ先輩

最後に、KyashCardを使った方が良い人はこんな人だね〜

KyashCardを使ったほうが良い人

〇〇Payに振り回されて疲れている人

複数のクレジットカードを持っている

なるべく手間をかけずにお得を求める人

普段からクレジットカードやデビットカードで支払いをしている

ボブのアイコン画像ボブ

KyashCardは普段と同じ使い方をするだけでメリットがあるので絶対にやったほうがいいですよ!

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) – アプリと連動するVisaカード
posted withアプリーチ



関連記事 ハピタスを経由して楽天カードを7,000円お得にゲットする方法
関連記事 【知らないと損】ハピタスで楽天市場の買い物をちょっとお得にする方法!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックで飛べる目次
閉じる