あなたの好きな本が1冊、無料でもらえますクリックして読みにいく

月10万円の配当金を受けとるには元本3,000万円が必要ってホント?

月10万円の配当金を受けとるには元本3,000万円が必要ってホント?
そら
はじめまして、FIREを目指し節約×副業×投資にはげむ20歳のそらです。
元浪費家でバイト代10万円/月を服に使っていましたが、両学長に出会いお金の大切さを知り、ミニマリストになりました。
現在は、インデックス×高配当で"FIRE"を目指す長期投資家です!
当サイトでは、副業、FIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

・月10万円の配当金を受け取るには3,000万円も必要なの?
・月10万円の不労所得をえるための具体的な元本がしりたい


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・月10万円の配当金は元本が3,000万円必要ってホント?

・【結論】3,000万円がなくても月10万円の配当金は実現可能


月10万円の配当金(不労所得)があればあなたはどうしますか?

・旅行や趣味に使うもよし
・将来のために配当金再投資をするもよし
・生活費が20万円ならあと10万円稼いでセミリタイアもあり


月10万円の配当金があればきっと、目に見えて生活は変わってきますよね。


そんな夢のような月10万円の配当金ですが、一般的に金融資産が3,000万円あれば達成することが可能といわれています。

悩むうさぎ

そんな大金、作るのに何年かかるねんっ!



そこで今回は、月10万円の配当金はほんとうに元本が3,000万円必要なのか?と、3,000万円も必要とせず月10万円の配当金を達成する方法について解説します。

そら

配当金という名の不労所得に興味がある方必見です♪


クリックで飛べる目次

月10万円の配当金は元本が3,000万円必要ってホント?

悩むうさぎ

まずなんで月10万円の配当金をもらうのに元本3,000万円必要っていわれているの?


と疑問に思うかたもいるかもしれません。


それは、3,000万円×配当利回り4%=年間120万円/月10万円、という計算をしているからです。


配当利回り4%というのは、多くの配当金がもらえる高配当株と呼ばれる株の平均リターンがそのくらいだからです。

そら

もちろん5%の配当利回りの株や、2%の配当利回りの株もあります


それらを平均した高配当株のリターンが4%なので基準となっているわけです。


この理論を元にすると、月10万円の配当金を達成するためには3,000万円の元本が必要ということになります。


では、金融資産3,000万円を作るにはどのくらいの時間が必要なのでしょうか?

金融資産3,000万円を作るために必要な年数

前提として、ここでのプランは株や仮想通貨、ネットビジネスで一発当てた!などの短期目線ではなく、あくまで長期目線で投資した再現性の高い計算になります。

以下の表は、3,000万円の金融資産を達成するために、毎月積み立てる額を年数と利回り別に計算したものです。

年数/利回り3%4%5%
3年間約81万円約80万円約79万円
5年間約47万円約47万円約46万円
10年間約22万円約21万円約20万円
15年間約14万円約13万円約12万円
20年間約10万円約9万円約8万円


このような計算結果となりました。


表からわかる通り、毎月8万円の積立を20年間5%で運用してやっと手に入るのが3,000万円です。


このように、3,000万円という資産を作ることは、長期目線で考えれば不可能ではありませんが決して楽な道でもありません。

そら

時間がかかることは事実ですね


本題に戻ると、3,000万円の資産を作ろうとしていた理由は、月10万円の配当金を達成するためでしたよね。


では、月10万円の配当金を達成するためには、本当に3000万円の金融資産が必要なのでしょうか?


詳しく解説しますね。

【結論】3,000万円がなくても月10万円の配当金は実現可能

月10万円の配当金には資産3,000万円が必要と知って絶望しているあなた。


結論からいうと、月10万円の配当金が目的なら、必ずしも3,000万円が必要なわけではありません。


一度に投資するなら3,000万円が必要なわけですが、配当金を毎年増やしてくれるような「増配株」であれば、そうはなりません。

悩むうさぎ

増配株?なにそれ?


例えば、21年3月期で19期連続増配を予定しているKDDIを例に見ていきます。

・増配率5%
・KDDIに毎年100万円投資


この条件で計算してみると、14年後には月10万円(年間120万円)の配当金を達成することが可能です。


元本は1,400万円なので、3,000万円の約半分の資産で達成することができていますね。

そら

増配の力は知っておきたいところです


もちろん、毎年5%必ず増配するということは考えにくいですが、増配の力は凄まじいということを頭に入れておきたいですね。


これだけ元本が少なくとも、配当金が勝手に増えていく可能性があるのが「増配」です。

悩むうさぎ

配当金再投資をおこなえばさらに加速するね〜


最初は小さな収入ですが時間が経つにつれ、大きな収入源のひとつとなります。

資産形成はゆっくりコツコツが1番の勝つコツ

資産形成はゆっくりと長期目線でみて、とにかく辞めないことが重要です。


10〜20年と期間は長いですが、辞めなければ誰でも達成することができます。


その間に稼ぐ力や貯める力をつけておけば、資産形成のスピードは加速していきますよ。

そら

固定費の見直しが一番手っ取り早い!


5,000円稼ぐのと固定費を5,000円削るのはどちらも家計に与えるインパクトは同じですが、圧倒的に固定費を削る方が楽です。


そういった積み重ねが資産形成を加速させる第一歩となりますね。


高配当株のはじめ方や魅力については、「【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方」で解説しているので参考にどうぞ。

月10万円の配当金は元本が3,000万円必要ってホント?:まとめ

結論、増配株に投資すれば元本が3,000万円なくとも月10万円の配当金は達成できます。


また、この記事では月10万円(年間120万円)の配当金を例に解説しましたが、

https://twitter.com/osora_man/status/1376676914136420353?s=21

こんな感じで、もし、配当金が毎月1,000円でも入ってきたら嬉しいですよね。


寝ていてもチャリンチャリンと入ってくる配当金には夢があります。

そら

今、配当金生活を送っている人も最初はみな、少額からコツコツと始めています♪


質問などあればTwitterをやっていますので、リプでもDMでも送っていただけたらお返事させていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました^^

トップへ戻る▲


関連記事 20代からつみたてNISAを始めると将来どうなる?リターンを計算してみた!
人気記事 新卒のぼくがFIREを目指す3つの理由!メリット・デメリットも解説!

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

月10万円の配当金を受けとるには元本3,000万円が必要ってホント?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる