21歳サラリーマンの金融資産を大公開! ≫クリックして読みにいく

まとめると、初心者は楽天カード積み立てさえしておけば100点満点です

そら
21歳会社員。
社会人1年目から複業+投資を始める。本業はIT系のポンコツ営業サポート職。
当サイトでは、副業、サイドFIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

・いろいろな投資法があるけど結局なにをしたらいいの?
・初心者に一番オススメの投資法を教えて欲しい。


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・楽天カードで毎月5万円積み立てれば100点満点

・ぼくが2021年1月から積み立てをはじめた結果

・退屈になったら別の投資にもチャレンジしてみよう


ネット証券が普及し、今では国内・海外の投資信託や株式にかんたんに投資できるようになりましたよね。


しかし、ネット証券の中でもさまざまで、投資方法も無数にあるのが現実です。


そこで今回は、初心者は楽天カード積み立てさえしておけば100点満点というシンプルなテーマでお届けいたします。

そら

結局のところ、万人にオススメできるのが今回紹介する投資法です♪


中盤では、ぼくのつみたてNISAの実績についても公開しているので参考にどうぞ!

クリックで飛べる目次

楽天カードで毎月5万円積み立てれば100点満点

さっそくですが、初心者は楽天証券で毎月5万円を楽天カード決済すれば100点満点ですよ。


現代では、さまざまな投資先があります。

・インデックス
・高配当株
・個別株(外国)
・個別株(日本)
・ビットコイン
・不動産
・ETF などなど


しかし、悩む必要はありません。


王道であり伝統的なインデックス投資を楽天証券でおこなえば間違いありません。

そら

迷ったら全世界株か米国株(S&P500)がオススメ!

悩むうさぎ

でも、なんでそこまで楽天を推すの?


ぼくが楽天証券をオススメする理由について詳しく解説しますね。

楽天証券をオススメする3つの理由

楽天証券をオススメする理由

①手数料が安い

②楽天サービスと相性がいい

③自動積立でポイントが貯まる


詳しく解説します。

手数料が安い

これは楽天証券に限った話ではありませんが、ネット証券はとにかく手数料が安いです。


ここ数年で販売手数料・積立手数料は無料が当たり前、信託報酬は激安というのがオーソドックスになりました。


しかも、証券会社によってはポイントもついてきます。

そら

日本に住んでいると、超お得に投資ができるわけです。


これが銀行の窓口や実店舗をもっている証券会社にいくとそうはなりません。


バカ高い手数料の投資信託をオススメされるので絶対に行かないようにしましょう。

悩むうさぎ

こわっ!おとなしくネット証券にします。


楽天サービスと相性がいい

楽天証券は他の楽天サービスと相性抜群です。


楽天証券を使っているだけで、下記のような恩恵を受けられます。

・楽天銀行からの入金が無料
・楽天市場ポイント還元率+1%
・楽天銀行の金利が0.1%(メガバンクの100倍)

そら

金利0.1%はでかい!


また、ポイント還元率+1%は、楽天市場でよく買い物をする人にはとってもお得なサービスですよね。


楽天銀行→楽天証券のお金の移動も無料になるので、相性抜群です。

自動積立でポイントが貯まる

1番のメリットはこの自動積立でポイントが貯まるという点です。


楽天証券では、月5万円まで楽天カードで決済することができ、上限である5万円を楽天カードで積み立てるだけで毎月500ポイント(500円)が手に入ります。


500円?そんだけ?となるかもですが、投資経験者ならこれがどれだけ素晴らしいことかわかるはずです。


なぜなら、これだけで利回り1%を確保したも同然だからです。

そら

5万円という上限はありますが、初心者には十分ですよね。

ちなみに楽天証券の口座開設をするなら、ハピタスを経由するのがオススメです。

・楽天証券:口座開設+1万円の入金で1,000ポイント(1,000円相当)
ハピタス:口座開設+1万円の入金で2,200ポイント(2,200円相当)

合わせてゲットできます。

※ポイントの獲得数は期間によって変更する場合がございます。

また、ここからハピタスを登録すると別途400ポイントが獲得できます。


\登録はもちろん無料です/


さらに積み立てNISA口座を一緒に開設すれば、投資にかかる税金も0円となり、無敵状態になりますね。


つみたてNISA口座は、楽天証券の口座開設をすすめていくと一緒に作ることができます。

そら

どうせ資産運用をするならお得なほうがいいですよね〜♪


つみたてNISAについては「20代からつみたてNISAを始めると将来どうなる?リターンを計算してみた!」こちらの記事を参考にどうぞ。


ぼくが2021年1月から積み立てをはじめた結果

悩むうさぎ

ほんで、積み立て投資を始めた結果はどうなん?


ぼくは2021年の1月から積み立てNISAでインデックス投資を始めました。


その結果を公表していきたいと思います。

そら

投資信託の結果はこちらっ

現在は米国株を中心にかなり株高となっており、その恩恵を受けてかなりのプラスとなっています。


しかし、あくまで長期目線で見ているので20〜30年後には5〜7%に落ち着いている計算です。


それと、私ごとですが、5月からつみたてNISA分をeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に変更しました。

そら

深い意味はありませんが、超長期で見ればやはり米国が強いなと確信したからです。


インデックス投資はとにかく持ち続けるという投資方法なので、目先の利益に惑わされて売ったら負けです。


基本はほったらかしで積み立てていけばOKです。


しかし、そのメリットが投資としての面白みがなく現状の生活も変わらないというデメリットにもなりかねます。

そら

そんな方にオススメしたいのが次の投資方法です


詳しく解説しますね。

退屈になったら別の投資にもチャレンジしてみよう

このように毎月自動でつみたて投資をしていると、なんだか退屈になってくると思います。


そうなったら、他の投資法にもチャレンジしてみるのもオススメですよ。


ぼくのオススメは以下の投資です。

・海外の高配当ETF
・高配当株投資(日本国内)
・仮想通貨(ビットコイン)


この辺りが比較的初心者にもオススメですね。


[ 高配当株投資 ]

海外や国内の高配当株というのは、定期的に配当金がもらえる投資方法です。


この記事でご紹介しているインデックス投資は、たしかにいい投資法ですが、現状の生活が変わらなかったり、基本的にほったらかしなので投資としてはつまらなかったりします。

そら

高配当株投資はインデックス投資とは違い、定期的に配当金がもらえるのが大きな魅力です♪


高配当株投資について詳しく知りたい方は「【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方」を参考にどうぞ。


[ 仮想通貨(ビットコイン) ]

最近になってよく耳にするようになった仮想通貨、その中でも特に勢いが止まらないのがビットコインですね。


2020年頃から米国の大手企業らがこぞってビットコインを購入し、価格が上がり話題となりました。


特に目立ったニュースは、あの電気自動車で有名なテスラのイーロンマスクや大手決済サービスのPayPalがビットコインを購入したことです。

そら

ぼくも2020年11月頃からビットコインをポートフォリオの一部としてもっています。


ぼくが購入した2020年の11月頃は、1枚あたりの値段が180万円くらいだったのに対し、2021年4月現在ではなんと680万円を更新しています。


購入時から3倍以上になっていますね。


単純に100万円分買っていたら300万円になっていたということです。

そら

もちろんそこまでは買っていません(笑)


ビットコインをメインの投資先とするのは危険ですが、遊び半分で少しもっておくくらいなら、これからの成長を実感することができて面白いかもしれません。


将来は5,000万円になる!?とも言われているので、まだ間に合いますよ。

初心者は楽天カード積み立てさえしておけば100点満点:まとめ

楽天証券をオススメする理由

①手数料が安い

②楽天サービスと相性がいい

③自動積立でポイントが貯まる

色々な投資方法がありますが、まずは楽天証券でつみたてNISA口座を開設し、楽天カード積立をするのが王道でオススメです。


インデックス投資に慣れてきて、他の投資にもチャレンジしたいな〜と思ったら、本記事でご紹介した投資を思い出してみてください。


また、楽天証券の口座開設をする際は、ハピタスからの登録がオススメです。

そら

どうせやるなら少しでもお得なほうがいいですよね♪

ちなみに楽天証券の口座開設をするなら、ハピタスを経由するのがオススメです。

・楽天証券:口座開設+1万円の入金で1,000ポイント(1,000円相当)
ハピタス:口座開設+1万円の入金で2,200ポイント(2,200円相当)

合わせてゲットできます。

※ポイントの獲得数は期間によって変更する場合がございます。

また、ここからハピタスを登録すると別途400ポイントが獲得できます。


\登録はもちろん無料です/


質問などあればTwitterをやっていますので、リプでもDMでも送っていただけたらお返事させていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました^^

トップへ戻る▲


関連記事 FIREするためにはどのくらいの資産が必要?生活費別に計算してみた!
人気記事 【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる