あなたの好きな本が1冊、無料でもらえますクリックして読みにいく

だれでもできるかんたん節約術10選!【貯蓄率7割のぼくが解説】

だれでもできるかんたん節約術10選!【貯蓄率7割のぼくが解説】
そら
はじめまして、FIREを目指し節約×副業×投資にはげむ20歳のそらです。
元浪費家でバイト代10万円/月を服に使っていましたが、両学長に出会いお金の大切さを知り、ミニマリストになりました。
現在は、インデックス×高配当で"FIRE"を目指す長期投資家です!
当サイトでは、副業、FIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

はあ、お金が貯まらない。
節約ってむずかしいしなにから始めればいいかわからない。
だれでもできる簡単な節約方法を教えて欲しい。。。


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・だれでもできるかんたん節約術10選

・節約は我慢ばかりではつづきません


節約しようと思っても急な出費が重なったり、つい浪費してしまったりと、なかなか貯金ができないという人も少なくありません。

そら

ぼくも以前はそのひとりでした。


しかし、日常の行動を少し変えるだけで、だれでもかんたんに節約することができます。


そこで今回は、だれでもできるかんたん節約術10選と節約は我慢ばかりではつづきませんという内容についてご紹介します。

悩むうさぎ

10選って多いな。。。


と思う方は、最初は5〜6個くらいを試していただき、その中で自分にあうものだけ続けてもらえたらと思います


節約できない、お金が貯まらない、という方の参考になればうれしいです。

クリックで飛べる目次

だれでもできるかんたん節約術10選

節約術10選

①ペットボトルは買わず、水筒持参

②飲み物は白湯がオススメ

③デートは、公園で手作り弁当ピクニック

④会社の飲み会は必要最低限

⑤携帯は格安SIMを利用

⑥コンビニでの買い物は極力しない

⑦買い物カートは使わない

⑧支払いは現金でなくクレカ、ポイント

⑨不要な保険には入らない

⑩階段は資源、あったら使おう


詳しく解説します。

①ペットボトルは買わず、水筒持参

ペットボトル飲料って地味に高いですよね。


150円のものを1日2本買っているとしたら、

300円×365日=109,500円/年


となり、ペットボトル飲料を買わないだけで1年で約10万円の節約ができます。

そら

小さなことの積み重ねですね。


かといって喉は乾きますから、家から水筒を持っていきましょう。

②飲み物は白湯がオススメ

白湯、おいしいですよ。


ぼくは朝起きたらめざましに白湯を飲みます。

そら

腸があたたまりますし、なんせ水なのでお財布にも優しいですね。


フラペチーノやマキアートなどの甘い飲み物もたまにはいいですが、基本の飲み物を白湯にすると健康にもお財布にもいいことばかりです。


健康への投資にもつながりますね。

③デートは、公園で手作り弁当ピクニック

ぼくは、彼女とのデートでよく公園でピクニックをしています。

そら

はれた日の公園ピクニックは最高です!


高級料理もたまにはいいかもですが、毎回いく必要はないと思います。


なにか特別な日に、たまにいくからいいんですよね。


自然に囲まれながら、将来についてはなしたり、お互いの価値観について語ったりする時間はとても楽しいです。

悩むうさぎ

価値観が合うパートナーって重要やな。


④会社の飲み会は必要最低限

これは価値観次第ですが、行きたくないのに参加しているならバッサリ断ってみるのもひとつの手段です。


1回いくと5,000円、二次会まで行くと1万円を軽く超えてしまいます。

そら

楽しいならいいですが、いやいや行っているならもったいないですよね。


お金はもちろん無限ではありませんが、時間も同様に無限でありません。


なにかをするならば、なにかを捨てなければなりません。


いやいや飲み会に参加するのか、家族や友人、恋人などの大切な人との時間を共にするかはあなた次第です。

そら

人生はあっという間ですからね。


⑤携帯は格安SIMを利用

格安SIM使っていますか?


最近はかなり普及してきましたが、携帯代は毎月かかってくる費用なので、少しめんどくさくても見直す価値があります。

大手キャリア:1万円×12ヶ月=12万円
格安SIM:3,000円×12ヶ月=36,000円


1年間で約84,000円の差が生まれますね。

そら

ちなみにぼくは楽天モバイルを使っていて1年間は無料です!


最近は格安SIMも進化しており、使っていて「おっせー!」と思うことはありません。


年間約8万円の節約になるので、検討の価値は十分にありますね。

⑥コンビニでの買い物は極力しない

コンビニは近くて便利ですが、ご存知の通り、その分いろいろな商品が割高に設定されています。

そら

便利な反面、毎日通っていたらバカにならない金額に。。。


ぼくがコンビニを利用するときは、住信SBIネット銀行の手数料無料回数を利用して、スマホで入出金をするときですね。


コンビニはいろいろなところにあり、かつ無料でATMが利用でいるので重宝しています!


銀行のおトクな使い分けについては「おトク大好きマンが教える社会人の銀行口座の使い分け!【給与受取口座は〇〇】」を参考にどうぞ。


⑦買い物カートは使わない

スーパーなどで買い物をするときは買い物カートを使わないようにしています。

そら

ただしこれは筋肉量、体格、性別などにもよりますね。


買い物カートを使わないことで、

・普段使わない筋肉を使える
・本来買わなくていいものを買ってしまうリスクの低下


筋トレもできて余計なものも買わなくなるという一石二鳥なんですよね。


買い物を行く際にはちょっと意識してみてくださいね。

⑧支払いは現金でなくクレカ、ポイント

全国銀行協会によると、人が一生で使うお金は約2億円といわれています。

そら

結婚し子供がいて住宅も購入した際の試算ですね。


なぜクレジットカードを使うことが重要かというと、現金では得られないポイント還元があるからです。


たとえば、2億円のうち1億円を還元率1%のクレジットカードで支払うとすると、100万円の利益を得ることができます。

そら

現金の場合、このような還元は受けられませんよね。


最近では、〇〇Payや〇〇払いなど、おトクなキャッシュレスがどんどん普及していますね。


これらを使うことで、ちりも積もれば大きな経済的な差異がうまれます。

悩むうさぎ

ぼくも支払いは可能な限りキャッシュレスだね。



ぼくのメインクレカは楽天カードです。


楽天については下記の記事を参考にしてみてください。おトクさがわかります。


⑨不要な保険には入らない

使うことでポイントを貯めるのも重要ですが、そもそもサービスを使用しないということも重要です。


日本は、社会保険という強力な味方がついているので、ほとんどの民間保険は不要です


社会保険では、

①病気、ケガのリスク
②死亡リスク
③障害リスク
④失業リスク
⑤老後リスク
⑥介護リスク
⑦出産費用リスク


これらの人生における様々なリスクをカバーしてくれます。


これを機に、自分にはどんな保険が必要なのか見直してみましょう。

そら

5,000円以上払っている人は見直しが必要かもです!


⑩階段は資源、あったら使おう

階段は無料で筋トレや運動ができる最強ツールです。


特にオフィスワーカーのサラリーマンなら、運動不足になりがちですよね。


そんなサラリーマンにもってこいなのが階段というわけです。

そら

ぼくは出社の際も必ず階段を使うようにしています!


あるものを使うか使わないかの話なので、お金は一切かかりません。無料です!

節約は我慢ばかりではつづきません

ここまで、10個の簡単にできる節約方法についてご紹介しました。


しかし、節約というのはあう合わないがありますし、我慢して合わない節約をやっていては絶対に続きません。

そら

楽しくなければつづかないのは当然ですよね。


ぼく自身も今まで多くの節約方法を調べ、片っ端からやってみましたが、合わないものもありました。


例えば、

・散髪を1,000円カットにする
・本は買わずに図書館を利用する
・遊びを減らして貯金ばかりする
・サブスクの利用をやめる
・好きなものを我慢して貯金する など


これらをやってみましたが、自分には無理でした(笑)

悩むうさぎ

お金は使うからこそ価値が生まれる。


無理のない範囲でのたのしいと思える節約というのが継続できる1番の理由ですね。

そら

やってみて合わなかったらやめればOK。





今回ご紹介した節約方法はこの方に教わりました

本を読んだことある方なら気づいていたかもしれませんが、今回ご紹介した節約方法は、三菱サラリーマンさんという方から学びました。

今回ご紹介した節約方法はこの方に教わった

三菱サラリーマン(穂高唯希)さんは、サラリーマンながら30歳でセミリタイアを実現させた方です。


著書「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」では、今回ご紹介した節約方法から具体的なセミリタイアまでの軌跡が書かれています。

そら

経済的自由を目指している人は読んでおいて損はないですね。



だれでもできるかんたん節約術10選!:まとめ

節約術10選

①ペットボトルは買わず、水筒持参

②飲み物は白湯がオススメ

③デートは、公園で手作り弁当ピクニック

④会社の飲み会は必要最低限

⑤携帯は格安SIMを利用

⑥コンビニでの買い物は極力しない

⑦買い物カートは使わない

⑧支払いは現金でなくクレカ、ポイント

⑨不要な保険には入らない

⑩階段は資源、あったら使おう


今回は、だれでもできる再現性の高い10個の節約方法についてご紹介しました。


節約というのは、言い換えると支出の最適化ということです。

そら

自分の無理のない範囲で支出を最適化し、たのしく継続できるのが一番いいですね!


最後までお読みいただきありがとうございました^^


質問などあればTwitterをやっていますので、リプやDMを送っていただけたらお返事させていただきます!

トップへ戻る▲


関連記事 貯蓄率7割のぼくが給料日にやる3つのこと【元浪費家です】
人気記事 ブログ初心者が100記事書いたらいくら稼げる?【収益とアクセスを公開】

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

だれでもできるかんたん節約術10選!【貯蓄率7割のぼくが解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる