あなたの好きな本が1冊、無料でもらえますクリックして読みにいく

【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方

【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方
そら
はじめまして、FIREを目指し節約×副業×投資にはげむ20歳のそらです。
元浪費家でバイト代10万円/月を服に使っていましたが、両学長に出会いお金の大切さを知り、ミニマリストになりました。
現在は、インデックス×高配当で"FIRE"を目指す長期投資家です!
当サイトでは、副業、FIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

・月3万円でいいから安定した配当金が欲しい….
・配当金を生活費やおこづかいの足しにしたい!


こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・高配当株投資の3つのメリット

・高配当株投資の3つの落とし穴

・高配当株投資のはじめ方

・SBIネオモバイル証券のメリット、デメリット


もしお財布に毎月3万円が寝てても入ってくるならば、あなたは何に使いますか?

悩むうさぎ

お小遣いが3万円増えるのは嬉しすぎる!
でもそんな美味しい話あるの?


もちろんすぐにできるわけではありませんが、今からコツコツと積み上げていけば誰でも達成することができます。


月3万円となると日本人サラリーマンのおこづかいの平均くらいなので、目に見えて家計は楽になりますね。


そんな高配当株投資に興味があるあなたに今回は、高配当株投資のメリットや落とし穴、高配当株投資のはじめ方について詳しく解説します。


最後には、高配当株投資をやる上でのおすすめ口座、SBIネオモバイル証券についても詳しく解説しているのでぜひ参考にどうぞ。

SBIネオモバイル証券の魅力
  • 1株から購入可能
  • 月額220円で取引し放題
  • ネット証券No.1のSBI証券が運営
  • Tポイントを使って投資ができる



クリックで飛べる目次

高配当株投資の3つのメリット

さっそくですが高配当株の3つの魅力は以下の通り。

高配当株投資の魅力

・計算しやすい

・完全な不労所得

・元本も配当金も成長していく可能性がある


詳しく解説しますね。

計算しやすい

配当金の魅力は「もらえる金額が計算しやすい」ということです。


いつ、いくらくらい受け取れそうなのかを株を買う前からだいたい分かるということです。

そら

これが株価の予想となるとそう簡単にはいきません。


半年後の配当金は精度の高い予想ができますが、株価の正確な予想は誰にもできません。


配当金ならば、下記のようなシミュレーションも比較的現実的です。

 投資元本配当金
1年目50万円2万円
2年目100万円4万円
3年目150万円6万円
4年目200万円8万円
5年目250万円10万円
6年目300万円12万円
7年目350万円14万円
8年目400万円16万円
9年目450万円18万円
10年目500万円20万円


このように計算しやすいというのはかなり高配当株投資の大きな魅力といえるでしょう。

そら

毎年50万円投資していけば、年間配当金は2万円ずつ増えていく計算!


FIREやセミリタイアを目指している方は、自分が今どの地点にいるかを明確に判断することができるひとつの指標になりますね。

完全な不労所得

配当金の魅力は、なんといっても「完全な不労所得である」といということですよね。


一度株式を保有してしまえば、その後にやることはほとんどありません。

①事業のメンテナンス
②新規事業の開発


これらは企業がすべてやってくれます。株式のオーナーはただ株を持っているだけで美味しいところだけをもらえるんです。

そら

不動産投資とは反対に手間のかからないのが魅力ですね。


元本も配当金も成長していく可能性がある

給料以外に安定した不労所得を得るとなると、下記の2つも選択肢になります。

預金債券に投資して利息を得る
不動産に投資して家賃収入を得る


しかし、現代の日本で銀行の預金金利は低すぎて論外ですね。高くて0.2%とかですから。


債券に関しては、元本部分の成長がありません。また、利息が増えていくということもありません。


不動産に関しては、日本の場合、基本的には時間の経過によって家賃収入は下がっていきます。

そら

アメリカの場合、人口増加国なので家賃収入は右肩上がりですが!


一方、株式は企業が成長していけば元本も配当金も両方増えていく可能性があります。


ですから、

①株式を保有し企業のオーナーになる
②長期保有をして株式の成長パワーを享受する


これが、給料や退職金が下がり、社会保険などの税負担が増え続ける現代において、私たちが生活をラクにするための手段のひとつなのです。

高配当株投資の3つの落とし穴

悩むうさぎ

よし、メリットもわかったことだしさっそく始めよ!


という方、ちょっと待ったです。高配当株投資はメリットが大きい投資ですが、無知のままやってしまうとハマってしまう落とし穴もあります。


初心者がおちいりがちな罠は以下の通り。

高配当株の3つの落とし穴

・1カ国に集中投資しがち

・セクター(業界)を分散していない

・罠銘柄に投資しがち


簡潔にいうとこれらを避けながらポートフォリオを組めばOKです。詳しく解説しますね。

1カ国に集中投資しがち

悩むうさぎ

え?日本だけじゃダメなの?


正直な話、日本経済が全盛のときもあれば、新興国の追い上げがすごいときもあり、かと思えばやはり世界最大の経済であるアメリカが強いときもあるということです。


このように未来が読めないからこそ、投資する国はある程度分散すべきです。

そら

10〜20年の長期投資を前提としているならなおさらですね。


配当金を出せる企業はいわゆる「成熟企業(年寄りな会社)」が多いです。


だからこそ、日本やアメリカのような先進国への投資比重が大きくなるのは仕方ないですね。

そら

投資先を「日本だけ」「アメリカだけ」のように1カ国にしないだけでもリスクはかなり減らせます。


セクター(業界)を分散していない

初心者が一番おちいりがちな罠がセクターを分散していないということです。


特に配当利回りが高い銘柄ばかりのポートフォリオを組むと、金融業界ばかりだったり自動車業界ばかりだったりと、どうしてもセクターが偏ってしまいます。

そら

同一セクターに属する企業はビジネスモデルが似ていて、浮くも沈むも運命共同体になりがちです。


また、景気敏感株のような配当金がブレまくるセクターへの投資は、あらかじめ低めに設定しておきましょう。例えば、食品業界は5%まで、とかそういう感じです。

そら

配当利回りを意識しすぎて気づいたら同じセクターばっかり、というのはよくある話ですね。


リスクを減らすためにもある程度セクターの分散は重要です。

罠銘柄に投資しがち

①1カ国に集中投資しない
②複数のセクターに分散する


これらを意識できたらあとは罠銘柄に引っかからないようにするだけですね。

例:投資する国

・米国:30%

・日本:40%

・その他:30%

例:投資するセクター

・1セクターの上限は20%まで

・景気敏感株は全体の30%まで(例:不動産、自動車、金融合わせて30%まで)などなど


あくまで一例ですが、これらを踏まえ、各セクターから優良企業を選んでいきます。


高配当株は大体の場合において「罠銘柄」なので、「良い銘柄」を探すというよりは「ダメな銘柄を避ける」ことが重要ですね。


また、数少ない優良企業を見つけたからといって、それらに集中投資しないことが重要です。

そら

多国籍・多業種の企業に投資し、優良企業の成長に乗っかっていきましょう!


高配当株投資のはじめ方

「高配当株投資の魅力」と「高配当株投資の落とし穴」を確認したところで、具体的な高配当株投資のはじめ方について解説しますね。


具体的なステップは以下の3つになります。

高配当株投資のはじめ方

①投資目的・リスク許容度の確認

②ポートフォリオのルールを決める

③口座開設して投資をはじめる


難しく聞こえるかもですが、先程までの過程を踏んでいれば誰でも簡単に始めることができます。


詳しく解説しますね。

投資目的・リスク許容度の確認

高配当株投資は以下のような投資方法ではありません。

・短期で資産を2〜3倍にする投資方法
・債券などのようにリスクが低い投資方法
・預金などのように元本が保障されている投資方法


高配当株投資はこのような投資をしたい方にとっては向いていない投資方法です。


下記のような方に向いているといえます。

・投資目的:キャッシュフローを強化したい
・リスク許容度:高い(個別銘柄に投資するため値動きが激しい)


リスク許容度というのは、一般的に項目を基準とします。

・職業
・年収
・年齢
・家族構成

サラリーマンで年収が高く、若くて、独身。このような人はリスク許容度が高いといえます。


一方で、フリーランスで、年収が低く、歳もとっていて、家族もいる。このような人はリスク許容度が低いといえます。

そら

高配当株投資をはじめる前に、まずは①投資目的、②リスク許容度、この2つを確認しましょう。


ポートフォリオのルールを決める

悩むうさぎ

目的もリスク許容度も確認したけど、やっぱりまずは月3万円の配当金を目指したい!


このような目標ができた人は、高配当株投資の最初の一歩を踏み出して、「ポートフォリオのルール」を決めましょう。


あくまで一例ですが、先程ご紹介した例を上げると以下のような感じですね。

例:投資する国

・米国:30%

・日本:40%

・その他:30%

例:投資するセクター

・1セクターの上限は20%まで

・景気敏感株は全体の30%まで(例:不動産、自動車、金融合わせて30%まで)などなど


ここでポイントですが、最初から100%カンペキなルールを作る必要はありません。

そら

そんなことはプロの投資家でもできないですからね。


ポートフォリオのルールというのは、経験を積みながら少しずつ「理想の水準」に変えていくものです。やはり、まずはやってみないと始まらないですからね。

・セクターが偏っていると、こういう事件が起きるとこうなっちゃうのか
・こういう比率にすると、米国が落ちておるときはよくないな


などなど、少しずつ経験を積み学習しながら、ちょうどいいバランスにしていきましょう。


また、最初は投資資金が少ない場合が多いので、バランスの良いポートフォリオが作れません。1〜2年後に目標の比率に到達すればOKぐらいの気持ちでコツコツ買っていきましょう。

そら

コツコツと買っていけば成長を実感できますよ!


口座開設して投資をはじめる

ここまでの過程を踏むことができたら、下記のように口座を開設し投資を始めましょう。

①証券会社で口座開設
②投資資金を入金する
③実際に株式を買ってみる


といった感じでスタートしましょう。おすすめの証券会社は以下の通り。

おすすめの証券口座

・メイン:楽天証券 or SBI証券

・サブ:SBIネオモバイル証券


使い分けとしては、下記の通り。

・楽天証券 or SBI証券:米国株、中国株などの海外株式
・SBIネオモバイル証券:日本株


楽天証券は手数料・使いやすさ・銘柄の取扱数・ポイントの貯まりやすさなどで圧倒的な人気を誇る証券口座ですね。SBI証券も同様に人気です。


この2社の証券会社は、メインとして使わない手はありません。


この記事で強くいいたいのは、投資資金が1,000万円以下くらいなら、日本株の投資についてはSBIネオモバイル証券を使おうということです。


いきなり1,000万円以上投資できるという方はあまりいないと思うので、多くの方がSBIネオモバイル証券を使うメリットがあります。

そら

詳しく解説しますね!


SBIネオモバイル証券のメリット・デメリット

SBIネオモバイル証券のメリット・デメリット

SBIネオモバイル証券というのは、2018年10月に設立されたばかりの新しい証券会社です。


ネット証券No.1のSBI証券と、Tポイントという超有名ポイントサービスを運営するCCCマーケティングの2社によって共同設立されました。


他の証券会社とは違った特徴があり、かなりの人気を誇っています。特徴は以下の通り。

SBIネオモバイル証券の特徴

①投資先は国内株式のみ

②Tポイントを使って投資ができる

1株から株が買える=少額から投資ができる(日本株の取引単位は基本100株〜)

月額200円で取引し放題(1ヶ月の取引額が50万円未満の場合)


こういった特徴がある証券会社です。特に③、④が他の証券会社にはない大きなメリットといえますね。

そら

さっそく、メリット・デメリットをご紹介しますね!


SBIネオモバイル証券の3つのメリット

SBIネオモバイル証券のメリット

①1株から買える

②手数料が最安値(月額220円かかるが、毎月Tポイントが200ptもらえる)

③Tポイントで投資ができる


このようなメリットがあります。なんといっても1株から買えるというのが大きな特徴ですね。


たとえば米国株などの外国株式などは、1株から買えるものが多いです。そのため、気に入った企業を10社×1万円で保有するといったことも可能です。


しかし、日本株の場合、基本的に100株か1,000株単位での購入になるため、取引価格が大きくなる傾向にあります。

そら

本来、1株から買えるのが普通で、日本株の制度はマニアックですね。


たとえば、リベラルアーツ大学で有名な両学長が毎月公開している日本の高配当株20銘柄をこ買うとこんな感じになります。


なんと、約400万円も必要な計算になります。

【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方

しかし、SBIネオモバイル証券であれば1株ずつ購入することができるので、各企業への投資がざっくり1万円ずつになるようにする、なんてことも可能です。


こういった買い方ができるのが、楽天証券やSBI証券にはない大きなメリットとなります。

詳しくいうとSBI証券では可能ですが、取引のつど手数料がかかってしまい、分散投資をすると手数料負けします。

悩むうさぎ

1株ずつなんて買い方をしてたら、手数料をすごい取られちゃうんじゃないの?


安心してください。月50万円までの投資なら月額220円で取引し放題なんです。

【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方

たとえば、毎月5万円ずついろいろな企業に分散投資しても、手数料は220円しかかかりません。


10以上の銘柄に分散投資してもこれしか手数料がかからないというのは、十分に低コストといえますね。

そら

しかも毎月Tポイントが200ptもらえます!


大手のネット証券と手数料を比較すると、この通りSBIネオモバイル証券の圧勝です。

証券会社名手数料
SBI証券1,620円
マネックス証券1,530円
カブドットコム証券1,530円
SBIネオモバイル証券実質20円
そら

使わないともったいないレベルの安さですね。


まとめると、日本株に投資するにあたり、

・日本の高配当ETFはいやだ!
・自分で好きな銘柄に投資したい
・個別株に投資して資産運用スキルを高めていきたい


という人にはとても魅力的な証券口座ということですね。

そら

SBIネオモバイル証券なら、毎日コツコツ株を買っても手数料は実質20円!


SBIネオモバイル証券のデメリット

SBIネオモバイル証券のデメリット

①国内株式にしか投資できない

②NISAやiDeCoに対応していない

③100株未満では株主優待がもらえないことがある


SBIネオモバイル証券は、国内株式にしか投資できません。


ですが1カ国に集中投資はリスキーなので、楽天証券やSBI証券を使って外国株式にも投資できるようにしておきましょう。


NISAという国が推進している優遇制度を使えば、配当金にかかる税金がゼロになります。しかし、SBIネオモバイル証券はNISAに対応していません。


とはいえ、配当控除という制度を使うと税金を取り戻せる可能性があります。(カンタンですが確定申告が必要)

そら

年収が330万円以下であれば5%の税負担で済む可能性があります。


詳しくは、「配当控除|節税できる理由とは?」を参考にどうぞ。


また、100株未満では、株主優待がもらえないというのも多少のデメリットではありますね。

そら

優待はあくまでおまけなので、配当金をしっかりゲットできればOK。優待目当てで罠企業を買う必要はありません。


SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方:まとめ

高配当株投資の魅力

・計算しやすい

・完全な不労所得

・元本も配当金も成長していく可能性がある

高配当株投資のはじめ方

①投資目的・リスク許容度の確認

②ポートフォリオのルールを決める

③口座開設して投資をはじめる


これから高配当株投資をはじめようとしている方は、自分のリスク許容度を確認し、ポートフォリオのルールを決めて、分散投資をしながら少額からコツコツとはじめてみましょう。

https://twitter.com/osora_man/status/1376676914136420353?s=21

配当金が毎月1,000円でも入ってきたら嬉しいですよね。


寝ていてもチャリンチャリンと入ってくる配当金には夢があります。

そら

だからこそ、ぼくは高配当株投資が大好きです!


少しでもあなたの資産運用の参考になれば嬉しいです。


質問などあればTwitterをやっていますので、リプでもDMでも送っていただけたらお返事させていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました^^

トップへ戻る▲


関連記事 月3万円の配当金で人生は変わる?必要な投資元本も詳しく解説!
人気記事 新卒のぼくがFIREを目指す3つの理由!メリット・デメリットも解説!

ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

【1株から買える】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のはじめ方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる