21歳サラリーマンの金融資産を大公開! ≫クリックして読みにいく

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?

そら
21歳会社員。
社会人1年目から複業+投資を始める。本業はIT系のポンコツ営業サポート職。
当サイトでは、副業、サイドFIRE、資産運用、おトク情報などについて発信しています^^
悩むうさぎ

・Webライターとして副業をする方法を知りたい。
・特別なスキルや資格がなくても稼げる?
・月3万円でいいから安定して副業で稼ぎたい。


こんな疑問に答えます。

キャプション

・Webライターとは?

・Webライターの始め方

・Webライターで収入を増やすためにする5つのこと

・Webライターで月3万円を安定して稼ぐたった1つの方法

・Webライターで稼ぐ上での3つの注意点


結論、Webライターで稼ぐのは簡単。


ブログで成果が出ていない初心者や未経験の方でも、正しい準備と戦略させできていれば月3万円は安定して稼ぐことができます。


しかし、Webライティングには注意点もあり、知らないと稼げなかったり、騙されて養分にされてしまう可能性があります。


そこで今回は「Webライターで安定して月3万円を稼ぐ手順」に加え「Webライターで稼ぐ上での注意点」も解説しますね。


本記事を参考にすることで、失敗することなく月3万円を安定して稼ぐことができますよ。

クリックで飛べる目次

Webライターとは?

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?
悩むうさぎ

そもそもWebライターってなにを書くの?


Webライターとは、Web上にアップする記事を書く人のことです。


Googleで〇〇と検索したらたくさんの記事が出てきますよね。そういった検索に表示される記事の大半は、Webライターによって書かれたものです。


Webライターの仕事はクラウドソーシングで簡単に始められるため、「特別なスキルがないけど稼ぎたい」という方に高い人気がありますね。

Webライターは稼げる?

結論、Webライターは稼げます。


実際、僕はクラウドソーシングに登録して1週間くらいで収益が出て、翌日にテストライティングに合格し長期継続が決定。

そら

登録から1週間でWebライター収入5桁を達成しました。


しかし、楽をして稼げるわけではありません。


仮に1文字0.1円の案件なら、1万円を稼ぐのに10万字書く必要があるからですね。(1日3,300文字ほど)


お分かりの通り、Webライターは「単価×作業量」がとても重要な副業です。


やればやるだけ稼げる副業なので、才能や特別なスキルがない方にも自信を持っておすすめできます。

Webライターの始め方

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?
Webライターの始め方

①:ブログを開設し記事を書く

②:クラウドソーシングに登録

③:クラウドソーシングで仕事受注


詳しく解説しますね。

①:ブログを開設し記事を書く

悩むうさぎ

え?ブロガーじゃなくてライターになりたいんですけど….


急がば回れです。まずはブログを開設し、5本ほど記事を書いた方が絶対に稼げますよ。


というのも、ライティングの練習ができてブロガーという権威性を活かせるから。


もし自分が仕事を発注する立場なら、誰かわからない人よりブログを書いている実績ある人に依頼したいですよね。


また、いきなりWebライターを始めると、以下のような悪循環におちいります。

①:いきなりライティング案件を受注
②:文章がうまく書けず、苦労したもののダメ出しを受ける
③:低評価がつき、いくら提案しても案件がもらえず挫折

そら

僕もブロガーという肩書きがあったからこそ案件を獲得できました。



②:クラウドソーシングに登録

次に、クラウドソーシングに登録しましょう。


僕は複数のサイトを試しましたが、「クラウドワークス」が一番使いやすく治安がよかったのでオススメです。


登録したらプロフィール設定や身分登録など、基本的な情報を入力しましょう。

③:クラウドソーシングで仕事受注

ここまできたら、仕事を受注します。


ライティングの項目から自分に合いそうな仕事に応募すればOK。


具体的な手順は以下の通り。

①:仕事を探す
②:ライティング・記事作成
③:記事・Webコンテンツ作成


これで稼ぐ準備はカンペキ。

そら

では、ライターとして収入を増やす方法について解説しますね。

Webライターで収入を増やすためにする5つのこと

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?
Webライターの収入を増やす方法

①:SEOの知識をつける

②:WordPressを学ぶ

③:ライティング力を上げる

④:クライアントに単価交渉をする

⑤:得意ジャンルを極める


詳しく解説しますね。

①:SEOの知識をつける

Webライターで稼ぐためにSEOの知識を身につけることは必要不可欠です。


発注者からすると、ライターに任せて上位表示がされれば、それほど嬉しいことはありませんよね。


そして、ここで再び役に立つのがブログ運営の経験。WordPressでブログを運営していれば、最低限のSEO知識を身につけることができます。

そら

SEOの基礎知識は実践して身につけていくのがイチバン効率が良い。


②:WordPressを学ぶ

案件の提出はWord、Googledocksなどが一般的ですが、中にはWordPressに直接記入する案件もあります。


そうなった時にWordPressの知識が一切ないと話になりませんよね。


知識としては「WordPressでブログを書いたことがある」くらいで十分なので触っておきましょう。

③:ライティング力を上げる

Webライターで稼いでいく上で、ライティング力を上げることは欠かせません。


ただ、小説が書けるというような高度な技術などではなく、読者が読みやすいと感じるような文章が書ければOK。


しかし、最初から読みやすい文章は書けないので20歳の自分に受けさせたい文章講義で基礎を学び数をこなすのがオススメ。


20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、有名ブロガーも押す良書なので持っておいて損はないですよ。

そら

僕もこれを読んで文章というものを1から学び直しました。


④:クライアントに単価交渉をする

Webライターで収入を増やすには1文字の単価を上げる必要があります。


単価1円で10万字書いたとすると収入は10万円です。


しかし、単価1.5円なら同じ作業量でも15万円のまで跳ね上がりますよね。

悩むうさぎ

0.5円でもチリが積もれば山となるんだね。


単価交渉をするためにも、WordPressを学んだり、SEOを学んだり、ライティング力を上げる必要があります。


スキルや知識がない中で単価交渉をしても通るわけがありません。

⑤:得意ジャンルを極める

最初はとにかく色々なジャンルの案件を受けてみることをオススメします。


経験を積み重ねていくうちに、自分の得意なジャンルとそうでないジャンルが見えてくると思います。


そうして見えてきた得意なジャンルを極めていけば、ジャンルの専門家になることができ、単価を上げることができます

そら

ちなみに案件が多く、稼げるジャンルは転職系。


初心者はとにかく色々なジャンルを模索していきましょう。

Webライターで月3万円を安定して稼ぐたった1つの方法

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?
悩むうさぎ

Webライターで安定して月3万円を稼ぐためにはどうすればいいの?


結論、長期継続案件をゲットすること。


長期継続案件をゲットすることができれば、初心者でも月3万円は確実に稼ぐことが可能です。


具体的に長期案件をゲットする手順は以下の通り。

長期案件をゲットする手順

①:とにかく応募する

②:信頼性を築く

③:20本ほど記事を納品する


詳しく解説しますね。

①:とにかく応募する

まずは、色々な案件に応募をしましょう。


悲しい話ですが、10個の案件に応募しても通るのは半分以下です。

そら

僕は20個くらい応募しましたがほとんど無視されました(笑)


応募する=無視されて当たり前なので、とにかく応募をこなしていきましょう。

②:信頼性を築く

応募をこなして見事通ったら、発注者との信頼関係を築いていきましょう。


発注者もただの人間なので、最低限のコミュニケーションをしていれば信頼関係が築けます。


ちなみに、返信が遅かったり、納期が遅れたりなど信頼に傷をつける行為はNGです。

そら

Webライターはコツコツと信頼関係を築くのが重要。


③:20本ほど記事を納品する

スキルも大事ですが、信頼性を得るには一定以上の実績も重要です。


記事を2.3本納品しただけでは、あなたの実力が伝わりにくく、長期案件を獲得するのは難しいです。


なので最低でも10〜20本は記事を納品して、単価交渉&長期案件交渉に踏み切りましょう。

そら

逆にそれだけ書いていれば信頼関係はバッチリと言えますね。


Webライターで稼ぐ上での3つの注意点

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?

Webライターは魅力的な副業ですが、稼ぐ上での注意点もいくつか存在します。

①:低単価は受けない
②:応募の無視はふつうと知る
③:発注者の評価を確認する


詳しく開設しますね。

①:低単価は受けない

Webライターをやる上で、低単価の案件は避けましょう。


「最初は0.1円とかの案件からこなしましょう」という記事を見かけますが、絶対にやめた方がいいです。

そら

単価0.1円などの低単価からスタートすると稼げなさすぎて挫折します。


実際、僕もブログでそこまで実績がないままライター活動を始めましたが、単価1円はすぐに獲得できました。


なので、仕事を探すときは最低1円でフィルターをかけるのがオススメ。

そら

この記事の通りにやれば単価1円は誰でも可能。


②:応募の無視はふつうと知る

基本的に仕事は自分から応募して、発注者の連絡を待つ形式です。


しかし、10件応募しても半分以上はふつうに無視されます。

そら

これは誰でもそう。メンタルやられますが(笑)


「応募したのに誰からも返信こない」と思うかもですが、それは当たり前なので、くじけず応募を続けましょう。

③:発注者の評価を確認する

また、発注者の評価は必ず確認するべきです。


星評価が低かったり、返答率が低い方だと、仕事が雑で挙げ句の果てにはあなたに低評価をつけてくる可能性があります。


クラウドソーシングには無数に案件があるのでこちらも発注者を選んでOK。

そら

中にはLINE@に誘導してくる悪い人もいるので注意してくださいね。


Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順:まとめ

【初心者向け】Webライターで月3万円を安定して稼ぐ手順とは?
Webライターの始め方

①:ブログを開設し記事を書く

②:クラウドソーシングに登録

③:クラウドソーシングで仕事受注


Webライターはブログと違って即金性があり、やればやるだけ稼げる副業です。


初心者でも最低限の準備と戦略さえできていれば月3万円はわりと簡単に稼げますよ。


難しく考えずまずはやってみることがオススメ。


>>クラウドワークスに無料登録

そら

記事をお読みいただきありがとうございます(^^)
Twitterでは副業、ブログ、アフィリエイトについて毎日発信していますのでぜひ参考にどうぞ。




ポチッと応援してくれると嬉しいです♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックで飛べる目次
閉じる